茨城・水戸で新築戸建・注文住宅・建売をお考えならローコスト専門店ピーチハウス

社長の相談コーナー

【理想的な寝室とは】|2016年2月6日

WS000000

家を建てるなら、住み心地の良い間取りの家を建てたいものです。
家族の交流が生まれる間取りにしたい、無駄のない家事動線のお部屋にしたいなど、人それぞれにマイホームへの希望はあることでしょう。
もし住み心地の良さにこだわるのなら、一日の3分の1の時間を過ごす寝室も重要となってきます。

実は、寝室の間取りの取り方で、睡眠の質が変わってくるのです。
快適な睡眠を取れる寝室はどういったものなのでしょうか。
人間は、朝日を浴びることで体内のリズムを整えます。
朝日を浴びない生活をしていると、憂鬱になったり体の調子が悪くなったりなどの影響が出てきます。

朝は自然の朝日で目覚めることがベストです。
寝室には南側に窓をつけ、朝日が入るようにするのが良いですね。
太陽は東から昇るから東に窓を付けても良いのではないかと考える人もいますが、おすすめできません。
夏の日の出時間を考えてみれば分かるのですが、明け方の4時や5時台から日の光が入り、睡眠を妨げてしまうのです。

寝室の工夫としては、リビングで起きている人がいても音が気にならないように、できるだけリビングとは離すこともポイントです。
照明は、明かりを調節できるように段階式のランプを選ぶと良いでしょう。

茨城県水戸のローコスト住宅・注文住宅のピーチハウス
予約特典あり!イベント予約
カタログダウンロード